海外求人の探し方と活躍できるための自分磨きのコツを紹介

>

即戦力として十分なパフォーマンスを出すためのポイント

できるだけ最初から能力を発揮するには

海外では、最初から即戦力として採用する企業や事業所が多いです。たとえ書類レベルで能力があっても、最初から思うような成果が出せないとすぐに契約打ち切りになりかねません。

しかし、過去に海外への留学や転勤をした経験がある人は大きなアドバンテージを持っている状態です。経験を活かしてコミュニケーションや生活習慣への戸惑いが少なくなれば、時間が掛からずに適応できるでしょう。

なお、ビジネスで上手く成果を出して軌道に乗った後でも、日時が経過すればホームシックに陥る可能性が出ます。最初は緊張感や目的があり不安や悩みを感じなくても、慣れた段階に突然襲ってくる場合があります。海外には日本人コミュニティーもあるので、積極的に参加をしてホームシック解消や軽減を図るのもおすすめです。

海外ビジネスはシビア?

外国で働く場合、特に先進国では即戦力としての貢献が求められます。結果重視な所であれば、短期間で契約打ち切りも起こりかねません。

日本であれば殆どの企業の給料は月給制であり、賞与も支給されます。その分、日本ならではのサービス残業や縦社会があるかもしれません。外国では年俸制を設けており、残業をしない企業や事業所も少なくないです。それにより、勤務時間による拘束が無く早上がりもできます。また、空いた時間を家族サービスや自分磨きに充てて、ワークライフバランスを整えています。

海外であれば勤務時間内に満足なパフォーマンスを出せると、優秀な人材として重宝されるでしょう。ただし、部下を持つ管理職になれば時間外労働が必要な時が出るかもしれません。その他、海外のビジネスマンは体型を重視しており、日頃の健康管理ができていないと責任ある仕事を任される可能性は低いです。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ