>

薄毛の治療で頼りになるのは

女性の薄毛の効果的な治療方法

頭皮の血行不良やホルモンバランスの乱れが薄毛の原因です。
これらを解消すれば、髪に元気が戻るという事になります。
効果のあるとされる薬品を、頭皮に直接投与する方法と、薬として服用し、内側から効果を期待する方法があります。
男性の発毛でも効果があると言われている「ミノキシジル」という成分を含む頭皮用のトニックや内服薬が、市販薬でも良く見られます。
女性の薄毛にも効果があるとして、取り入れている市販薬も多くあります。
しかし「ミノキシジル」は動脈の血流を活発にする効果のある成分で、過剰に摂取すると、心臓に負担をかけてしまうため、服用量には注意が必要です。
また、妊娠、出産や急激なダイエットなどで、ホルモンバランスを崩したことで薄毛を発症している際は使用を禁止しているメーカーもあります。

治療には美容クリニックが向いている?

薄毛治療は、身体に影響が及ぶ病気ではない為、保険の適用にならないことがほとんどです。
そのため、皮膚科で診療を受けても、保険適用内の範囲での治療のみなることが多く、薄毛の治療は行えないことが少なくありません。
頭皮の状態を検査し、トラブルの改善のための治療にとどまる可能性が高いのです。
薄毛治療を手掛けている皮膚科であったとしても、保険適用ではなく、自由診療、つまり自費治療になります。
そのため、専門範囲の広い皮膚科に赴くよりも、薄毛、脱毛証に特化した美容クリニックで治療を行う方が効率的であるという見方もあります。
薄毛治療に特化した設備や治療方法が確立されているからです。
発毛には、健康な頭皮の方でも3か月以上かかりますから、治療には長い時間がかかります。
その点も踏まえて、自分に合った治療方法を選ぶ必要があります。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる