>

女性も薄毛に悩んでいる?

加齢による薄毛

年齢が上がると、分け目が目立ってきたり、髪全体のボリュームが無くなってしまう事に悩まれる方が増えてきます。
これは、更年期や閉経により、ホルモンバランスが乱れてしまうことが多いためで、50代に差し掛かったころから顕著になってきています。
また、年齢を重ねることで、毛を作り出す頭皮の「毛包」の活動が衰え、新しく毛が生えるまで時間がかかるようになってしまう事も要因です。
成長に時間がかかってしまうので、抜け毛のスピードに追いつけず、毛自体のボリュームが落ちてしまうこともあります。
加齢による、身体の変化がもたらすものだから仕方がない、と諦めてしまう方も多い様です。
しかし、原因をしっかり理解して、対処することで、予防や改善をすることは可能なのです。

薄毛の原因とは

薄毛になってしまうのは、抜け毛や毛の成長が正常に進んでいないことが要因です。
若年層であっても起こりえる事なのです。
毛の成長が良く無いのは、血流が滞り、頭皮に充分な栄養が行き渡らない事が直接の原因となっています。
血流にはストレスが大きく影響しています。
それは、ストレスが身体を緊張させ、血管も収縮させてしまうことによります。
そして、結果として、血流が滞ってしまうのです。

また、男性ホルモンの量がる増えることも要因の一つです。
通常は、髪の毛のサイクルを整える役割がある女性ホルモンが抑制しているのですが、ストレスや過剰なダイエット、食生活の乱れなどで、減少しバランスが崩れてしまうのです。

そして、食生活が西洋化し、ファストフードや甘い物、油分の多い食生活により、過剰に分泌された油分が毛穴を塞いでしまう、という事もあります。
原因をしっかり理解し、対処することで予防、治療は可能です。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる